§ アーティフィシャルフラワーとは?

 

アーティフィシャルフラワーとは、生花を限りなくリアルに再現し、

さらに生花には無い美しさを表現した”作られた花”です。

今までの造花のイメージを一新する芸術性とその特徴やメリット

から、近年注目が高まっています。

 


生花・プリザーブどフラワー・アーティフィシャルフラワーの比較

  生花 プリザーブド アーティフィシャル 
美しさ みずみずしい 発色がよい 生花と同様
形状 花・茎・葉 花首のみ 花・茎・葉
水替え 必要 不要 不要
耐久性 一週間 約2年 半永久的
価格 市場により変動 高価

 生花より高く

 プリザより安い

アレンジ

水を必要とするため

アレンジに制限がある

小さめのアレンジ

が主流

大きいアレンジ・

多様なアレンジが可能


◆メリットと特徴

 ✿生花と見間違うほどの美しさと触感

今までの造花のイメージを払拭するような、美しい色合いや、本物とそっくりなつくりになっています。

生花と比べて見劣りしない美しさと触感があります。


✿水替えの手間がいらない  

水替えや花器の洗浄の手間がいらないので、仕事や業務に集中でき、時間の節約になりなります。


✿耐久性が高く軽い

 花は布でできているため、簡単に破けることなく大変扱いやすいです。また、水を含まないため軽く、移動や持ち運びに便利です。

 高い芸術性とアレンジ性

多くの種類や色があり、その組み合わせによる多彩なアレンジメントが可能です。水を必要ない分、アート的な思い切ったデザインも可能。茎や葉も余すところなく利用し、自然でありながらも芸術性の高い

アレンジメントができます。

 

 ✿細菌・雑菌の心配がない

水を使わないので、細菌や雑菌の繁殖やそれによる臭いが発生せず、衛生的です。


 ✿長く飾っておけるため経済的

一番綺麗に咲いた状態で長時間キープできます。室内でのご使用なら、半永久的に飾っておけます。


                     ←トップページへ戻る


インテリア雑誌「Bon Chic」のInterior Shop Guideに掲載されました。

(2015年4月21日発売号・

 2016年4月26日発売号

お気軽にお問合わせください

【お知らせ】