100円の造花とどこが違うの?

「100円ショップで売っている造花とアーティフィシャルフラワーはどこが違うの?」時々質問されることがあります。

さてその違いは・・・?

その違いがよくわかるのが「花びら」。

左がアーティフィシャルフラワーで、右が100円造花。

よ~く見てみると、左は花びら1枚1枚に筋がはいっていますよね


 

本物(左写真)と比べてみるとよくわかります。

そして・・・ひっくり返してみると、がくや茎も全く違います。

央写真の左側(アーティフィシャルフラワー)はまるで本物のように、表面が毛羽立っています。

がくのつくり(きざみ)も細かいですよね。それに比べ右側(100円造花)は、プラスチックそのものという感じです。

そして、気になるお値段は・・・100円造花は、実は4輪ブーケでしたので、1輪はなんと25円。

アーティフィシャルフラワーは1輪260円。約10倍!

それぞれの花でつくられたアレンジメントがどういう感じになるか、想像できますよね。

本物に限りなく近いアーティフィシャルフラワーなら、まるで生花のアレンジメントのようになります。

右写真は、以前お客様に納品したガーベラを使用したアレンジメント。

癒しや潤いを感じていただけるのではないでしょうか?


インテリア雑誌「Bon Chic」のInterior Shop Guideに掲載されました。

(2015年4月21日発売号・

 2016年4月26日発売号

お気軽にお問合わせください

【お知らせ】